岩手コラム

岩手県人は、わかめが大好き!わかめを食べてるとムダ毛が濃くなる?


わかめは、お好きでしょうか。まぁ、嫌いじゃないけど、とりたてて好きというほどでは...、という人が多いと思います。そんなガツンとした味がないですからね。


そんな中、日本で一番わかめを食べている県といったら、岩手県なんです。


総務省の家計調査からわかめ消費量ランキングベスト5をみてみると、
※単身世帯を除く、2人以上世帯の購入量



1位は、岩手県で、年間2,240グラム。
2位は、福島県で、年間1,770グラム。
3位は、千葉県で、年間1,664グラム。
4位は、秋田県で、年間1,610グラム。
5位は、山梨県で、年間1,606グラム。


2位以下は、競っている感じですが、1位の岩手県だけ頭ひとつ飛び抜けています。


ちなみに、ワーストは、沖縄県で、年間391グラム。岩手県の5分の1程度です。沖縄の人は、わかめをぜんぜん食べないんですね。


岩手県の食卓に5回、わかめが出たら、やっと1回わかめが出てくる。生涯食べるわかめの分量もかなり違ってくるんでしょうね。


ワースト2位以下は、
46位が、宮崎県、年間632グラム。
45位が、三重県、年間657グラム。
44位が、大阪府、年間677グラム。


沖縄ほどではないですが、岩手を比べると断然わかめの消費量が少ないです。


一年でどれくらいわかめを食べるのが普通なのかは、判断がむずかしいところですが、一応全国平均は、年間1,079グラム。


岩手県の人は、平均の倍わかめを食べていることになる...岩手にずっと住んでいる気づかないかもしれませんが、やはり、明らかに多いですね。


ワカメ漁獲量ランキングもちょっとみてみます。


1位が、岩手県で、17,984トン
2位が、宮城県で、17,628トン
3位が、徳島県で、6,453トン


※2013年ワカメ漁獲量ランキング
農林水産省の海面漁業生産統計調査より


1位は岩手県。たくさんとれるから、たくさん食べる...納得です。ただ、2位の宮城、3位の徳島は、消費量ランキングでは、ベスト5に入っていません。たくさんとれても、たくさん食べるとも限らないわけです。


たくさんとれて、なおかつわかめが好きな方が多いんでしょうね。ちなみに、岩手県は、養殖わかめの生産量も日本一です。


わかめを食べ過ぎるとムダ毛が濃くなる?



まぁ、ワカメばっかり食べてたとしても別に問題にないし...なんて思っちゃいますが、一つ心配なことがあります。それは、毛のことです...。


昔からよく言います。ワカメや昆布をたくさん食べると髪が濃くなると...。髪が濃くなる分には、問題ありません。髪がふさふさの方がいいですからね。


ただ、ふさふさになってもらうと困るものがあります。それがムダ毛...。


男性ならすね毛、腕毛、胸毛なんかがある程度生えてきても問題ありませんが、女性でこの辺の毛が濃くなってきてもらっては、困ります。処理するのにも時間がかかりますしね。


だったら、どうでしょう。ワカメを食べるのを控えた方がいいんでしょうか...。というか、ワカメを毛の間には、ほんとに関係があるんでしょうか。


実は、わかめをはじめとした海藻類に発毛効果があるというのは、医学的には根拠の無い話。



毛髪の主成分はケラチン。18種類のアミノ酸で構成されているたんぱく質です。ワカメ、昆布には、こうゆうアミノ酸は、少ししか含まれていないので、直接的な発毛、増毛効果がないんですね。


迷信みたいなものでしょう。髪は黒い...、ワカメも黒...黒っぽい...、黒いものつながりで、髪が生えてくるイメージを持たれて、広まったんだと思います。(ひじきも、髪にいいなんていわれますしね...。ひじきの方が、真っ黒です。)


海藻類は、各種ミネラルや食物繊維がたくさん含まれています。髪に効果は無くても、体にはいい食べ物。毛が濃くなるわけでも無いようですし、これからも、じゃんじゃん食べていきましょう。


関連コラム

岩手は食器洗い機普及率が低い!皿洗いの消費カロリーとは?
ゼリー消費量第1位 の岩手県!脱毛ハニーゼリーとは?
岩手県はマクドナルトが少ない?!美容にいい低カロリーハンバーガーは?